日頃Ch.yaikoをご覧いただきありがとうございます♪
一週間ぶりのスタッフKです。

12月も半分が過ぎ、クリスマスや忘年会などイベントが多い歳の瀬になりましたね。
暴飲暴食には気をつけないといけない時期ですが、みなさまいかがお過ごしですか?
 

 


ということで、今年最後のCh.yaiko「SCHOOL」。
前回更新した「歴史・前編」にたくさんのご反響をいただきありがとうございました♪
とても長いインタビューでしたが、みなさまにお楽しみいただけたようで何よりです☆


昨今、テレビのワイドショーでも今年一年を振り返るコーナーなどが増えましたね…
改めまして、みなさんが良い年明けをお迎えできることをお祈りします☆彡

 

 

 

 

 

 


さて、本日は待ちに待った「歴史・後編」の公開です!
2017年7月〜12月の矢井田瞳を取り巻く出来事をお送りいたします。
前編と同様に、みなさまご自身の歴史も振り返りながら、どうぞお楽しみ下さい!

 

 

 

 

 

 


K「ヤイコさん、カツサンドとオムライス、どちらにしますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


矢「オムライスにするー!でもカツサンドもちょっとちょうだーい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 〜July〜


K「はい。それでは2017年も下半期に突入です。
7月といえば、珍しくトークのみのテレビ番組に出演しましたね。
どうして出演しようと思ったんですか?」

 

矢「そう、毎週見ているダウンタウンなうに出演させていただきましたっ!
みんな知ってるかもしれないけど…私、ダウンタウンの大大大大大ファンで、自分自身の考え方や発想とかそういったものに関して、とっても影響をこのお二人から受けていたんです。

ダウンタウンのことすっごい好きすぎて、会いたいけど会いたくないみたいな感情がずっと渦巻いていたんです笑
今デビューしてから16年、17年くらい経ってすごく人と人との繋がりとかを意識するようになって、
人との出会いって奇跡なんだなーって感じていた矢先にダウンタウンさんのお話をいただきました。
やっぱり何か運命を感じて『ぜひお願いします!』と出演させていただきました。
とは言ったものの緊張で毎日喉が渇いてましたね笑

今年はいろいろ初めてのことにも挑戦することが多かった年でもあったので、バラエティー番組への出演も前向きに考えられる年でした。うん!」

 

 

 

 

K「収録でダウンタウンのお二人と坂上忍さん、峰岸みなみさんにお会いしてどうでしたか?」

 

矢「やっぱり芸能人ってオーラがすごいの!カッコイイし可愛いし!
いつもテレビで見てる4名が目の前にポンっているのがすごいよね!
カメラがない時も私の緊張をほぐそうとすっごく話しかけてくれますし本当にテレビのプロってすごい。
みんな本当に優しくて、もうお酒も飲んでたから最後の方はダウンタウンのお二人のこと、まっちゃん・浜ちゃんって呼んでた笑
失礼なことしちゃったなー笑」

 

 

 

 

K「緊張していたと言う割には、しっかりトークもしていましたし、即興ソングも面白かったですよ笑
そして、7月はテレビ収録以外にも軽井沢、北海道、仙台で野外ライブがありましたね。」

 

矢「そうやー!軽井沢はロケーションがめっちゃ最高に良かった!
駅降りた瞬間から空気がきれいで体が浄化されるのを感じました笑
マー君(ドラマー:水野雅昭さん)がパーカッションで、私がギターと歌っていうシビれる編成でね。
これまで2人で培ってきた信頼関係みたいなものも発揮出来て緊張感もあったけどすごくいいライブになってくれたかなって思います。

その後の北海道と仙台は、涼しい感じでライブできるかなーって思っていたんだけど、
両方ともめちゃめちゃ暑かった!こんなに暑くなるの?ってくらい。
みんな汗だくになりながらのライブでした。
この頃はアコースティックが多かったから、北海道では久々のバンドだったの。
めっちゃ出し切った感があったし、バンドメンバーのみんなもビビッドな感じで演奏してくれて本当に楽しかった!」

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:TOKYO FM公開収録時の矢井田瞳(左)・水野雅昭(マー君)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:北海道放送「今日ドキッ!SUMMER LIVE 2017」生放送の一コマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:東北放送「TBC開局夏祭り2017」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K「4人編成でのバンド演奏は、これまであまりなかったと思うんですがいかがでした?」

 

矢「4ピースでエッジの効いたロックなサウンドってあまりやってこなかっただけど、
やっぱり気持ちイイよね!音と一体化する感じがあって。
うん!手応えがあった!」

 

 

 

 

K「このライブの後の楽屋でもメンバーと意見交換をしながら、たしかな手応えを感じていましたね。
そして、矢井田瞳恒例の一大イベント『夏の元気祭り』を今年も開催しました。
大阪公演ではライブ当日に誕生日を迎えましたね。」

 

矢「うんっ! 39歳の誕生日当日にライブをやらせていただきました。
皆さんと一緒にそうした時間を過ごせたこと、本当に嬉しかった。
元気祭りも今年で6回目だから、皆さんがとても楽しみにして下さっている感じが年々上がっているような、
そういったものがとっても私自身感じるようになってきましたね。
本当に嬉しいことだなって思いますっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:「元気祭り」リハーサルの一コマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:矢井田瞳(39になりたて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K「そして、7月は雑誌『Go!Go!GUITAR』の企画でギタリストの西川進さんと対談を果たしました。」

 

矢「西川進さんとは久々の再会でした!
実はデビュー当時からガッツリ、矢井田瞳の礎を築いてくださった師匠の一人です。
お会いしたのは久しぶりだったんですが、会って5秒で昔の感覚が蘇ってきました。
あと西川さんの見た目が20年全然変わらない笑
今回の対談で使用機材の特集があって、西川さんと同じエフェクターを使っていたり、
同系統の機材を使っていたりしたの。

それこそデビュー当時はギターのことや機材のことを本当にいろいろ教えていただいていたんだけど、
あれから今自分が西川さんと同じ機材を使っていることを考えると、なんか私もちょっと成長出来てるのかなーって思えましたね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:矢井田瞳のこだわりが詰まった「元気祭り」使用機材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K「2017年の7月はどんな月でしたか?」

 

矢「そうやなあ…誕生日も迎えたし、西川さんとの出会いもあって、”成長”を感じることのできた月でした!

 

 

 

 


世の中の出来事:
・日本の沖ノ島が世界遺産登録決定
・2017年上半期の外国人観光客が1375万人突破
・白鵬が通算勝利1047勝達成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月 〜August〜


K「続きまして、太陽と海の月、8月です。」


矢「そういえば7月もそうだったけど、8月もほんっとにめっちゃ暑かったよね!」


K「そんな8月はやっぱり元気祭りが印象的ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢「そうだねー、東京で2回やったんだけど2回とも違う編成でチャレンジしました。
8月15日にやったときは5人編成でやって、渋谷クアトロでやった裏の元気祭りでは4人編成でやりました。
この4人編成は7月の野外イベントで手応えを感じてクアトロでまた挑戦してみました。結果的にすごく充実したライブになって、やっぱりやってみないと分からないことってあるんだなと実感しました。

このクアトロの時は、デビュー当時から担当して下さっているスタッフの方から『デビュー当時のこと思い出したよ!』って興奮気味におっしゃっていただいて。

さらにライブを見に来てくれたみなさんにも同じ感想を多く頂いたんです。
あまりそうやって言われることってないから、いろんな思いがフラッシュバックして、
会場にいたみんなが同じ気持ちだったの本当に奇跡だなって思います。
今思い返しても、幸せな時間だったなぁー」

 

 

 

 


K「そんな暑かった8月はライブを通してどんな印象ですか?」

 

矢「暑い熱いライブの中、すごくデビュー当時のことを思い出したり意識したりすることが多かったかなー。
“デビュー当時の熱さを再び”っていう感じかな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世の中の出来事:
・日本男子サッカー代表が6大会連続6回目のW杯出場決定
・世界陸上で日本男子が銅メダルを獲得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月 〜September〜


K「鳥たちが羽ばたく9月です。大宮エリーさんの『道後オンセナート』に参加しました。

 

矢「これまた初めての経験でね!道後温泉とアートのコラボっていう。
私は、エリーちゃんが大きなキャンバスに絵を描くそばでギター弾いたり、歌を歌ったりっていう感じでした。
歌詞の内容や演奏の雰囲気にエリーちゃんが応えて絵を描いたりしてもらって。

音楽に合わせてエリーちゃんの筆を走らせるスピードに変化をつけたり、それで色の濃淡が出来たりね。私自身も歌を歌いながらエリーちゃんの絵も見ながらし、本当にあっという間の時間でしたね!」

 

 

 

当時の矢井田瞳ツイッター
 

 

 

 


K「道後の子どもたちがライブペインティングに参加する様子も可愛らしかったですね!
そして、9月は山口洋さん率いるHEATWAVEのセルフカバーアルバムの音源に参加しました。
ライブでのコラボは何度も経験させていただいていますが、音源への参加は久しぶりですか?」

 

矢「ずいぶん前になっちゃうけどコーラスで音源へ参加しましたね。
洋さんと一緒に音楽やるときはもうね、朝起きてすぐ自分の魂と向き合うというか、そこから始まるんです。
音楽のアンテナみたいなのをピンっと立ててからレコーディングに向かうのね。

口で説明しなくても、言葉以上のモノを感じてくれたり受け取ってくれたりするので、
だからこそ私も邪念にとらわれずとにかく音に集中するというか、そんな気持ちで参加しました。
『ここをこうする』みたいな決まりきった音楽ではなくて、本当にその日にしか録れないものが今回は出来たんじゃないかなって思います。

改めて、HEATWAVE初のセルフカバーアルバムに参加できて光栄だなって思います。」

 

 

 

 

K「ゲスト参加と言えば見田村千晴さんのライブにもシークレットで参加しました。」

 

矢「うんっ!千晴ちゃんの名前はいろんなところでよく聞いていてね、
私を担当してくれている衣装さんから『ヤイコと同じギブソンの赤いギターを持ってる女の子がデビューしたんだよ。ヤイコのファンって言ってたよ』って言われて、その時すごくうれしかったの!

それからちょくちょく千晴ちゃんの演奏動画見たりして、カッコイイ女の子だな!って思っていたんです。
そういう段階があって、今回同じステージに立つことが出来て本当に嬉しかったですね。
千晴ちゃん緊張していたみたいで逆に初々しくて可愛かったなぁー!」

 

 

 

 

 


K「2曲だけのコラボでしたが、とっても内容の濃いライブでしたね!
そしてさらに、9月は富士山のふもとで演奏しました。」

 

矢「うんっ!9月30日に『GO OUT CAMP』に参加してライブしました。
ほんとオシャレやったねー!キャンプのイメージが変わったの!
スタイリッシュな出店がたくさん出てたし、おいしそうなお酒もたくさんあったし、プライベートでぜひ行きたいなー!って思いました。
こういう環境でライブやるとすっごい楽しくて、みんなキャンプだからテンションも高めで一曲目から掛け声すごかったわー笑」

 

 

 

 

 

 


世の中出来事:
・上野公園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン」に正式決定
・プロ野球セリーグで広島が2連勝
・陸上の桐生選手が日本人初の9秒台達成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月 〜October〜


K「月が輝く10月。地元大阪で『大阪Love Festival』に参加しました。大阪を愛して止まないアーティストさんが参加する野外イベントです。」

 

矢「そうそう!私が出ないでどうするのってくらい大阪好きだもんね笑
大阪の美味しいグルメもここではブースがたくさん出てて、家族連れでも楽しめるし!

あと関西人として驚いたのがこの野外ステージの場所ね!なんと大阪駅の裏に野外ステージ作っていたんですよ。ずっと工事してる場所やから、何が出来るのかなあっていつも気になってたの。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真:インスタ映え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


K「ヤイコさん、本当に大阪を愛していますもんね!
大阪の次は、ラジオ沖縄で初のレギュラー番組『yaikoの素』が10月から始まりました。
スタートしてどんな印象ですか?」

 

矢「そうやー!前半でもちょっと話したけど、出演のきっかけは居酒屋での会話からだったから笑
初回はもうドキドキでしたよ!手探りな感じのスタートだった。
ちゃんとしなきゃっていう気持ちとちゃんとしすぎたら面白くなくなっちゃうし、なんかそんな気持ちが入り混じっていましたね。

自然体でやればいんだけどこの時はどんなテンションでやればいいのかなとか、いろいろ考えすぎちゃったりしてたねー笑
でも、やっぱりここでも、リスナーのみなさんからのメッセージに救われてます…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 INFORMATION 
ラジオ沖縄「yaikoの素」
沖縄県外の方はRadikoから会員登録(有料)の上お聴きいただけます♪
放送後記はラジオクラウドからアプリをダウンロードしていただければ無料でお聞きいただけます☆

 

 

 

 

 

 

 


K「10月はどんな一ヶ月でしたか?」

 

矢「やっぱり『大阪Love Festival』に参加して大阪への愛を改めて感じたね!
“地元愛”に目覚めた10月ってことで!笑」

 

 

 

 


世の中の出来事:
・ボクシングの村田諒太選手が世界王者に
・ノーベル文学賞にカズオ・イシグロさん
・iPhoneXの販売予約開始

 

 

 

 

 

11月 〜November〜


K「木々が彩る11月。このあたりになると記憶が鮮明になって参りました。
岐阜県美濃加茂市で開催された『minokamo HIME ROCK 2017』に出演しました。」

 

矢「岐阜でのライブはかなり久しぶりやね!最後に行ったのが4年前やから。
岐阜には本当にたくさん思い出があって。
ヤイリギターという有名なギターの工場があって、Yaikoモデルのアコギも作ってもらったことがあるねん。

で、今回ライブのため岐阜に到着してタクシー乗ったら、運転手さんがすぐにギターの話をしてきてん笑
ライブの出演者さんですかって聞かれて、答えたら『何のギター持ってるんですか?』とか『僕の持ってるギターは・・・・』ってすっごいギターに詳しい人でね!
ギターが町に根付いてるって感じましたねー!
残念なことにまだヤイリギターの工場に行ったことがなくて絶対に次は行きたい!」

 

 

 


K「そして、見田村千晴さんのライブに続いて、11月はシークレットゲストとして出演したイベントがありました。」

 

矢「芸術家、三沢厚彦さんのイベントに出演しました!《アニマルハウス 謎の館》という動物の彫刻をテーマにしたイベントでした。」

 

 

 

 

K「三沢さんとの共演はどうでしたか?」

 

矢「エリーちゃんに呼んでもらった『道後オンセナート』で三沢さんとお会いしたのがきっかけで今回お誘いいただきました。
普段は音楽アーティストの方との共演が多いんやけど、造形作家の方との共演は初めてで。
三沢さんの作品がステージ上にたくさんあって、来てくれた観客の皆さんもすごく雰囲気がイイ感じでした。」

 

 

 豆知識 
実は去年、既に三沢厚彦さんの作品がCh.yaikoに登場していたことを編集スタッフが発見!
丸の内のストリートギャラリーでのMOVIE(2016年6月1日公開)

Ch.yaiko MOVIE「もう6月ですね!」

 

 

 

 


K「11月を総括するといかがでしたか?」

 

矢「芸術の秋ね!笑」

 

 

 

 

 


世の中の出来事:
・サッカーの浦和レッズが10年ぶりのアジア制覇
・トランプ大統領初来日
・プロ野球でソフトバンクが日本一に

 

 

 

 

 

 

 

12月 〜December〜


K「心も忙しくなる12月。ヤイコさん、ようやく今月まで来ました!」

 

矢「しゃべりすぎて脳が酸欠になりかけてるけど大丈夫よ!笑」

 

 

 

 

K「今月は京都にライブでお伺いしましたね。記憶に新しいかと思いますが、いかがでした?」

 

矢「そうそう!クリスマスイベントで京都に行ってきました。
京都駅の中の駅ビルの中だったんだけど20mの超巨大なクリスマスツリーがあってね!
そのクリスマスツリーの前で歌わせていただきました。
12月23日には大阪でFM OH!さんのクリスマスイベントにも出るので、そちらも楽しみや〜」

 

 

 

 

K「クリスマスが二度来る感じ、いいですね!
そして今月はスナックエリーにも出演しました。
お酒を飲みながら動画配信という斬新なアプローチでしたが、いかがでしたか?」

 

矢「エリーちゃんとは不思議な縁を感じていてね、初めて会ったときから初めてじゃないような気がしていて。
昔から知っている人のような感じというか。
飲みすぎには注意できたけど、シャベリすぎちゃったかも笑
見てくれた方、ありがとね〜。また出たいな〜」

 

 

 

 

 

 

 

世の中の出来事:
・将棋棋士の羽生善治氏が史上初の永世七冠を達成
・サッカーJ1で川崎フロンターレが初優勝
・今年の流行語に「インスタ映え」と「忖度」が選ばれる

 

 

 

 

K「ということで、矢井田瞳2017年の歴史を振り返ってまいりました。
この企画を通して、2017年はどんな年でしたか?」

 

矢「いや〜こうやって振り返ると、長かったようであっという間の一年やったね。
デビューして17年になるけど、新しい出会いもたくさんあったり、新しい音楽やエンターテイメントにチャレンジ出来たり、
こうして今矢井田瞳としてCh.yaikoメンバーのみなさんにお話することが出来たりと、
私は本当に幸せものだなって、改めて感じました。この一年に悔いはありませんっ!

 

 

 

 


K「そうですね!今年は本当に色々な事がありました。
我々スタッフもみんな、きっと悔いのない一年になったはずです。」

(一同深く頷く)

 

 

K「今後も全力でCh.yaikoを運営してまいりたいと思いますので、ヤイコさん、来年もよろしくお願いします!」


矢「来年も楽しんで行こーっ!」

 

 

 


K「ということで、その来年2018年ですが、早速1月から約5年ぶりのホールツアーが開催されますね!
現在はツアーに向けいろいろ準備をしている真っ最中だと思いますが、
意気込みを聞かせていただけますか?」

 

矢「はいっ!久々のホールツアーやから楽しみ!
今年はエッジの効いたロックサウンドを表現できた感じがあったから、来年のホールツアーでは、しなやかな力強さみたいなものを表現したいです。
みんなが前向きに明るく元気な気持ちになれるようなそんなセットにしたいなーって、今構想を練っているところです。
初めて来たいただく方にも楽しんでいただける曲をたくさんやりたいし、
あとはデビュー当時から応援していただいている方にも喜んでいただけるような選曲をしたいと思います。
楽しみしていてくださいっ!」

 

 

 

 


K「では最後に、来年の抱負とCh.yaikoメンバーの皆様にメッセージをお願いします。」

 

矢「来年はね、新曲をたくさん作りたいです!
今年はツアー周ったり、いろんな出会いがあったり、いろんなコラボがあったり、いろいろ吸収させていただきました。
来年は今年得たものをたくさん放出できるように力を入れたいと思います!

あとプライベートでの目標は、二度寝をやめたいです笑
ハハハハハ笑

そしてメンバーのみなさん、今年も本当にありがとう♪
このCh.yaikoもそうだけど、いろんな場所で皆さんと出会えてとっても嬉しかったです。

そうそう!
今年一年お世話になった皆様へ、感謝の気持ちと来年のご挨拶を兼ねて、
年賀状をプレゼントしたいと思いますっ!!

来年もよろしくね〜」







 

K「ということで、ヤイコの手書きメッセージ付き年賀状を抽選で10名様にプレゼント!
ご希望の方は、下記の詳細をご確認の上ご応募下さい!」

 


K「それではヤイコさん、よろしくお願いします。」

 

 

 


矢「良いお年を〜♪ ほなぁ〜〜〜」








 



<注意事項> 
当選者の発表は年賀状の投函をもって代えさせていただきます。 
天候等の状況により元旦より遅れての郵送となる場合がございます。 
受付期間:2017/12/18(月)18:00〜2017/12/23(土)23:59